生命保険見つけた!断然オススメこんなプラン

ショップでの商品の返金手続きと、クーリングオフ手続きとを比較します。
あとで読む

返金手続きとの違い

多様なバリエーションの商品の訪問販売など、生命保険と同様のスタイルでセールスがおこなわれる場合には、クーリングオフの適用を受けることが出来るケースが多くなります。
ただし、業者による強引な売り込みがおこなわれるとは考えにくいようなケースでは、そちらの制度が適用されないケースが少なくありませんので、注意しなければなりません。
例えば、消費者が自ら、屋外のショップへ出向いてアイテムを買ったり、ネット上のショッピングサイトやオークションサイトを通じて、商品の購入手続きをおこなったりした場合には、クーリングオフをすることはままなりません。
ただ、それぞれのショップが定める規定に基づいて、所定の期間内であれば、返品や交換などといった対応をしてもらうことが出来るケースは少なくありません。
ただし、顧客側の一方的な都合でそうした手続きをおこなう場合には、往復の送料や、銀行口座などへの振り込み、代金引き換え、コンビニエンスストア支払いなどに際して掛かる手数料は、購入者が負担することになる場合が多いようです。
それに対して、生命保険などで数多く見受けられるクーリングオフの手続きは、消費者の一方的な都合でおこなうことが出来る上に、そちらの手続きが取られた場合、業者側には、契約をすべて白紙に戻し、原状回復することが法律で義務付けられております。
ただ、そちらの手続きは、法的な効力を持たせることが重要なファクターとなりますので、先ほど述べたような返金手続きなどよりも、形式ばった、煩雑なものになる傾向が強いですから、気をつける必要があります。
実店舗や、ショッピングサイトなどで返品や交換の手続きをする際には、口頭や電話、メールなどで、ショップのスタッフへその旨意思表示をして、購入した商品を返却することによって、対応してもらうことが可能になります。
そのような場合にも、手続可能な期間など、いろいろと細かい取り決めはありますが、飽くまでも、ショップと消費者の間でのやり取りになります。
それに対して、クーリングオフは、法的な手続きになりますので、正しい方法でおこなわないと、業者側から異議を申し立てられて、無効になってしまうことにもなり兼ねませんから、気をつけなければなりません。
そのように、後々になってトラブルが発生することを避けるために、そちらの手続きは、口頭やハガキではなく、内容証明郵便でおこなった方が良いものと考えられます。

Copyright (C)2017生命保険見つけた!断然オススメこんなプラン.All rights reserved.