生命保険見つけた!断然オススメこんなプラン

生保業界に新規参入してきた企業や、契約解除手続きについて述べます。
あとで読む

新規参入企業と契約解除手続き

内資系や、外資系の生命保険会社などに加えて、損害保険会社や、他の業種の企業などが、生保業界に参入してくる事例が、最近になって多くなってきているという話です。
そのように、新規参入してきた企業の中には、長年にわたって蓄積された実績やノウハウが存在しないために、ありとあらゆる保険商品を取り扱うことが難しいところも少なからず見受けられるようです。
ただし、メジャー企業のように、数多くのスタッフを雇ったり、多様なメディアを使ってコマーシャルしたりすることが少ないので、人件費や広告費などを節約して、リーズナブルな料金設定をすることが出来る場合が多いというアドバンテージがあります。
また、そのように人的サービスに力を入れているところでは、営業スタッフの強引なセールスによって、不利益の多い契約を半ば強引にさせられたとする、消費者の不満の声が上がったり、クレームが付けられたりするケースが少なくないという話です。
業者スタッフの強引さに負けたり、巧みなセールストークに乗せられたりして、衝動的に契約を取り交わしてしまった場合には、クーリングオフの手続きをすることによって、契約を白紙撤回することが出来るケースが多いようです。
スタッフと直接対面して、交渉している時には、気が動転したり、相手のペースに乗せられたりして、冷静な判断力を失ってしまっている場合が少なくありません。
そのような状況の中で、契約書にサインや押印をしてしまったとしても、所定の期間が経過するまでに、必要な手続きをおこなうことによって、問題が解決するケースは少なからずあることと思われます。
営業スタッフの連絡先が分かっている場合には、そうした手続きをする前に、そのスタッフに連絡を取って見るのも良い方法だと思われます。
ただし、そのような連絡をしたとしても、なかなか適切な対応をしてくれなかったり、居留守を使って電話に出なかったりする業者も少なくないという話です。
そうこうしている内に、クーリングオフの可能期間が経過してしまい、手続きをおこなえなくなったり、保険料の支払い期日がおとずれて、所定の料金が請求されたり、登録した口座から自動的に引き落とされたりするリスクは少なくありませんので、気をつけなければなりません。
そのような事態に陥らないようにするために、時間的な余裕を持って、契約解除のための手続きを取るよう、心掛けることが重要になってきます。

Copyright (C)2017生命保険見つけた!断然オススメこんなプラン.All rights reserved.